培養上清液リウマチ回復プログラム案内

幹細胞純化培養上清液を使ったリウマチ回復

こんにちは、板倉です。
今日は非常に大切なご案内です。
時間を取って最後までしっかり読んでください。

いきなりですが、「幹細胞純化培養上清液」ってご存じですか?
化粧品で幹細胞というのは聞いたことがある方もいるかもしれませんね。
ここで幹細胞の詳しい説明は省きますが、再生医療で注目された山中教授のiPS細胞やES細胞などもその一つです。
幹細胞を用いた医療、非常に注目を集めていますが、残念ながら実用化には至っていません。

この「幹細胞純化培養上清液」というのは、幹細胞を培養した際の上澄み液です。
この上澄み液には、100種類以上の生理活性物質(成長因子やサイトカインなど)が含まれており、さまざまな効果が報告されており、すでに医療の現場でも活用されています。

上田 実先生

この培養上清液研究の第一人者が、2015年に名古屋大学医学部名誉教授に就任された、上田実先生です。
上田先生は、再生医療の研究者として知られ、数々の論文も発表されています。
上田先生の著書の一つがこちらです。

EPSON MFP image

*培養上清液のことや、再生医療に関して非常に分かりやすく書かれていますので、興味のある方はAmazonなどでも購入できます。

こちらの本の表紙にも書かれているように、培養上清液は、さまざまな病気や疾患に効果を発揮しています。
その中の一つに、リウマチも挙げられています。

つまり、培養上清液は「抗炎症作用」「免疫の正常化」「組織の修復機能」に優れているため、リウマチの治療に非常に適しているということです。

それも、幹細胞治療では問題となっている「細胞のガン化」ですが、培養上清液にはそれがありません。
なぜなら、そもそも上清液には細胞が含まれないからです。
(このあたり詳しく知りたい方は上田先生の本を読んでみてください)

培養上清液を使った治療はどこで受けられる?

こんなリウマチ回復に大きな可能性のある培養上清液での治療ですが、残念ながらどこでも受けられるというものではありません。
培養上清液というのは、-80℃で保存する必要があり、それを扱うには他にもハードルが高いものです。
また、自身の骨髄を採取し、そこから幹細胞を培養したものを用いて治療する場合、半年で400万円以上の治療費がかかります。

では、なぜ私がこのような案内をあなたにしているのか?

先ほど、培養上清液は-80℃で保存とお伝えしましたが、実はもう一つ方法があります。
上田先生の本にも書いてありますが、いわゆるフリーズドライでの保存が可能なのです。
そして、使うときに精製水などで戻して使用することで同じ効果が得られるのです。
また、点滴や注射だけではなく、点鼻や塗布での使用が可能です。

このフリーズドライの培養上清液を、私が扱えるようになります。

通常なら、一治療家の私がこのような培養上清液を扱うことなんて絶対に不可能なのですが、リウマチに対する活動が認められ、取り扱いを許可していただけました。

からだ回復センター千葉の培養上清液を使ったリウマチ回復プログラム

1.安心・安全な国産の培養上清液です
外国産(主に韓国)の培養上清液も多い中、100%国産で製造も国内のものを使用します。

2.培養液の中でも効果の高い、臍帯由来と脂肪由来を使用
美容目的の希釈液ではなく、どちらも純度100%の効果の高いものを使用します
臍帯由来は点鼻で、脂肪由来は塗布で使います。

3.点鼻、塗布、運動療法の3本柱
臍帯由来の培養上清液を点鼻で体内に取り込み、免疫の正常化を図ります。
脂肪由来の培養上清液を関節に直接塗布(ポレーションという液を導入する機械を使用しますが、痛みはありません)することで、不具合の生じている関節の回復を図ります。
運動療法にて、可動域の改善や正常な動きを取り戻します。
運動療法に関しては、当センターで行うか、オンラインで行うかが選べます。
オンラインを選択することで、遠方やコロナウイルス感染のリスクといったことは解決できます。

もしあなたが、「この痛みを本当に何とかしたい」「現状のリウマチ治療に満足がいかない」「副作用を気にしながらの治療はもうイヤ」「リウマチになる前の体に戻したい」そう思うのなら、私はこのプログラムを自信を持ってお勧めします。

費用について

先述のとおり、幹細胞を培養したものを用いて治療する場合、半年で400万円以上の治療費がかかります。
それほど再生医療というのはコストがかかるものですが、今回のプログラムはそこまで莫大な費用はかかりません。
ただ、施術1回5000円のように決まったものでもありません。
プログラムも個々の状況に応じたご提案となりますので、詳しくはお話をしてからという形になります。

もちろん、現段階で金額を明示出来ませんので、お問い合わせいただき、詳しいプログラム内容や金額をお伝えした上でご検討ください。
問い合わせしたからといって、必ずやらなければいけないわけではありませんし、無理にお勧めすることはありませんのでご安心ください。
相談してから決めましょう

相談方法

1.ページ最下部のバナーをクリックすると、相談申し込みフォームが開きます。
お名前、相談希望日時、相談方法など必要事項をご明記の上お申し込みください。

相談方法につきましては、当センターまでお越しになれる方は対面で、そうではない方はオンライン(Zoom)で行います。
*Zoomはスマホやタブレット、パソコンなどのカメラとマイクを使ったオンラインシステムです。Zoomが初めての方には、やり方もお伝えしますので心配ありません。

2.出来るだけ希望日時に沿った日時を設定し、メールにてお返事いたします

3.相談当日は何でも聞いてください。

最後に

私の妻がリウマチを発症したのが14年ほど前。
それ以降、リウマチ専門治療院として様々なことに取り組んできました。
そしてこの培養上清液にたどり着きました。
おそらくこれが最終形態であり、私が考える最高のものです。

培養上清液を用いたプログラムを導入する際、そちらの代表との面談がありました。(面談で認められないと取り扱いが出来ないのです)
その際、代表に言われた一言が衝撃的でした。

「免疫を上げるとか下げるとか、関節可動域を維持するとかじゃないんです。病気になる前に戻すんです!」
私の常識がひっくり返されました。

もしあなたが、「リウマチになる前の自由な体に戻りたい!」
そのように強く思うなら、まずは相談の申し込みをしてください。